2010年01月27日

「捜査への挑戦」可視化法案で大島氏(産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長は22日夕の記者会見で、民主党が取り調べの全過程を録音・録画する刑事訴訟法改正案(可視化法案)の今国会提出を検討していることに対し「与党権力を使い、法と証拠に基づく検察捜査に対する挑戦という動きとみられても仕方ない」と述べた。また「民主党内で捜査情報漏洩(ろうえい)問題対策チームや小沢一郎幹事長を支持する女性議員の会が設立された一連の流れでないか。このこと自体も政治不信を生み出すことになり、あってはならないことだ」と、民主党内の動きを批判した。

【関連記事】
可視化法案 許されない検察への圧力
「まるで圧力団体」民主、検察&メディアに“あの手この手”
当局牽制? 民主、可視化法案提出探る
なりふり構わぬ暴走 検察牽制も見え隠れ
民主党、可視化法案の今国会提出を検討

オウム 新実被告の死刑確定へ(産経新聞)
警察官の長男、父親の拳銃で自殺か 岡山の駐在所(産経新聞)
安保50周年 共同声明 米が格下げ要請 「普天間」の影響避ける(産経新聞)
占い、マッサージ…献血PRへ多彩なサービス (産経新聞)
<小沢幹事長>聴取後に行った記者会見の要旨(毎日新聞)
posted by そばじろう at 10:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。