2010年05月21日

全頭殺処分、地元は困惑=県知事「やむを得ない」(時事通信)

 「混乱している」「仕方がない」―。宮崎県で被害が拡大する口蹄(こうてい)疫問題で、国が19日に発生地から半径10キロ圏内の家畜の全頭殺処分や、周辺地域農家に対する家畜の早期出荷要請などの対策を打ち出したことに対し、県内では落胆や反発を含め、複雑な反応が広がった。
 東国原英夫知事は同日、殺処分や早期出荷は農家への十分な補償が前提条件とした上で、「この段階ではやむを得ない決定だ」と指摘。その上で、「農家の気持ちを思うと心が痛いが、日本全体の畜産に影響を与えるのでご協力いただきたい」と語り、農家に協力を求める考えを示した。
 しかし、関係者の動揺は隠せない。発生が集中する川南町。JA尾鈴の河野哲一企画課長(46)は「全く初めてのことで、混乱している。農家も苦慮しており、対応に精いっぱい」と話した。それでも、収束の兆しが見えない感染拡大に、「対策には期待したい」と願いを込めた。 

供述調書作成せず=大久保元秘書、約4時間聴取―東京地検(時事通信)
<特別民間法人>天下り横行 常勤役員130人の半数占める(毎日新聞)
小沢氏聴取、国会での証人喚問へ野党足並み(読売新聞)
「太平洋の白鳥」日本丸、展帆作業(産経新聞)
B型肝炎訴訟 「長男成人するまで生きられるか」救済策一刻も早く(産経新聞)
posted by そばじろう at 10:32| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。