2010年01月09日

鳩山首相 「必要な時に訪朝考える」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は4日、三重県伊勢市の伊勢神宮を参拝した。首相は参拝後、拉致問題解決に向けた北朝鮮訪問に関し「機が熟し、本当に必要な時が来れば訪朝も考えたい」と記者団に述べ、改めて意欲を示した。ただ「まだ残念ながらそのタイミングではない。与党あるいは政府の方でも十分な接触が行われていない」と語った。

 首相はまた「国民の皆さんに納得できる1年だと思ってもらえるような1年にしたいと祈った」と語った。参拝には仙谷由人行政刷新担当相と中井洽国家公安委員長の2閣僚が参加した。

 自民党の谷垣禎一総裁も同日、伊勢神宮を参拝。記者会見で「通常国会が一番大きな試練の場だ。必ず内閣総辞職か解散の信を問うところまで求めていかなければならない」と述べ、首相や民主党の小沢一郎幹事長の「政治とカネ」の問題を徹底追及する考えを示した。

 参院選については「優秀な候補者を選ぶことが第一だ。一つ一つ全力を挙げて勝利を確保する」と民主党との対決姿勢を強調した。【山田夢留、田所柳子】

【関連ニュース】
民主党:「参院選勝利を」仕事始めで首相
鳩山首相:年頭会見「正念場の一年と覚悟」
鳩山首相:ブログとツイッター開始
鳩山首相:年頭所感を発表 異例の「おわび」盛り込む
鳩山首相:1人乗り電気自動車に試乗「これいいね」

料理の鉄人
聖なる木の物語
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化 比較
無料携帯ホームページ
posted by そばじろう at 10:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。